業務内容

火災保険を活用できるかも!?

火災保険は火災だけではなく、自然災害による被害も対象となることをご存知でしょうか?
台風・竜巻・洪水・大雪・落雷など、自然災害によってお住まいが被害を受けた場合は、屋根や外壁の修理費用を保険でお支払いいただけます。
“火災”保険という名前が火事を連想させるため、実はこのことはあまり知られていませんが、火災保険の風災保険というものが適用されます。
火災保険の適用対象かどうかわからないとお悩みの方も、ぜひ一度お気軽にご相談ください。
現地調査を行い、保険適用できるかどうかを分かりやすくしっかりとご説明いたします。

■ 火災保険が適用対象となる場合

台風・竜巻・洪水・大雪・落雷などによる自然災害

■ 火災保険が適用対象外となる場合

・経年劣化による被害

自然災害による被害を受けた跡がなく、老朽化によってお住まいが傷んでいる場合

・地震による被害

地震は突発的に起こる自然災害の一つですが、一般的な火災保険の風災には含まれていません。

・人的被害

故意でなくても人的な被害は自然災害ではございませんので、適用対象外です。

※火災保険は、あくまでも保険会社の審査によって判断し支給されますので、査定によっては金額が変わったり適用されない場合もあります。

屋根・樋・漆喰等の補修

紫外線や雨・風・雪など、私達の家を様々なものから守ってくれる屋根。 年月と共にその表面は劣化していき、防水性も落ちてしまいます。
「変色している」、「瓦がズレたり、割れている」、「藻やコケが発生している」、「天井や柱に雨染みがある」……
もしこのような症状があれば、今すぐご連絡ください。

屋根は、お住まいの耐久性を決める“要”となる部分。
早期の発見・迅速な対処が、葺き替えなどの大掛かりな工事の回数を減らし、メンテナンスの負担軽減につながります。
お電話一本いただければ、長年様々な屋根を目にしてきた経験豊富な職人がお伺い。
最適なメンテナンスで、お住まいの寿命を延ばします。

もっと見る

外壁塗装

お住まいの外壁にひび割れや塗装の剥がれ、色あせといった症状はありませんか?
このような症状がみられる場合、塗り替え時期に来ています

また外壁塗装はお住まいの外観の美しさを維持するために行うものと思われている方もいらっしゃるはず。
もちろん塗装工事を行えば建物の見た目は美しくなります。
しかしそれ以上に期待される効果は「雨や紫外線から建物を保護し、建物の耐久性を高める」という点。
外壁材を守り、お住まいを長持ちさせる上で欠かせない工事ですので、10年を目途に定期的に塗り替え工事をご依頼ください。

もっと見る

屋根塗装

紫外線や雨風などを最も高い場所で受け止めるため、塗膜の劣化スピードも速い屋根。
前回の塗り替えから10年以上経過しているようならぜひ塗り替えをご検討ください。

屋根の塗膜の劣化を放置してしまうと、建材の傷みが進行し、最悪の場合雨漏りに繋がってしまいます。
かといってご自身で屋根に登り確認するのは大変危険なため、必ずプロの業者に依頼するようにしましょう。

もっと見る

内装塗装

お住まいにもさまざまなスタイルが出てきており、個性的なインテリアが採用されるケースが多くなっています。
そして、こうしたお住まいの多くで選ばれているのが、壁紙ではなく塗装です。

クロスは決まったデザインからしか選べませんが、塗装なら塗料を組み合わせて希望の色合いを作り、オリジナルのデザインに。
他にも、温かみや重厚感といったさまざまなテイストを表現可能です。

またメンテナンスにおいても、塗装であれば周囲の色に合わせて部分的に塗るだけですので、メンテナンスの手間や費用を大きく減らせます。

もっと見る

ベランダ防水

お住まいのベランダやバルコニー、窓のサッシといった箇所の防水性はしっかりと保たれていますか?
塗装工事でも防水性を確保できますが、これらのような平らで雨水が溜まりやすい箇所には防水工事が必要です。

通常そのような場所には新築段階から防水工事がなされていますが、劣化によって防水塗膜がその効果を発揮できていない状態だと、雨水は建物内部に浸入しやすくなります。
定期的な防水工事で建物の劣化を防ぎ、建物をより強固なものにしましょう。

もっと見る

シーリング工事

シーリングは、サイディングやALCといった外壁材に見られるボードとボードのつなぎ目を埋める目地材です。

シーリング材は弾力性が高く、防水性能は抜群。
例えば空気や雨水の侵入や、地震発生時の揺れ、夏と冬の寒暖差などで外壁材が割れるのを防ぎます。

実はこのシーリングは建物の老朽化でまず初めに症状があらわれる場所です。
経年劣化によるシーリング材の硬化やひび割れは、そのままにしてしまうと雨漏りの原因になってしまうことも……。
増し打ち工事や打ち替え工事を行い、機能性を取り戻すことが建物の延命に繋がります。

もっと見る