ベランダ防水

お住まいのベランダやバルコニー、窓のサッシといった箇所の防水性はしっかりと保たれていますか?
塗装工事でも防水性を確保できますが、これらのような平らで雨水が溜まりやすい箇所には防水工事が必要です。

通常そのような場所には新築段階から防水工事がなされていますが、劣化によって防水塗膜がその効果を発揮できていない状態だと、雨水は建物内部に浸入しやすくなります。
定期的な防水工事で建物の劣化を防ぎ、建物をより強固なものにしましょう。

■防水工事の工法一例

〇FRP防水

繊維強化プラスチックを使った工法で、強度や耐水性、成形性に優れているため、木造住宅を含むさまざまな場所に施工できます。

〇ウレタン塗膜防水

液体状のウレタンを塗布するため、凹凸のある場所でも馴染みやすい特徴があります。
5、6年毎にトップコートを塗り替えれば、15年程度防水性能を維持可能。

その他の防水工事にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

一覧ページに戻る